さとやま農学校

こども食堂と「リップ・ヴァンウィンクルの花嫁」

冬に向かって自然農の野菜畑も盛り上がってきました。HPにも書いていますが「すどう農園」では、野菜は販売はしていません(ハーブは果樹は販売用に加工しています)。なので野菜は、周囲の皆さんと自給するか、それ以外は「こども食堂」「みんな食堂」など...
さとやま農学校

秋の収穫・場を整える・分かち合う

自給の豊かさを味わう・さとやま農学校2023ショートコース こんにちは。神奈川・相模原の里山で自然農を営む「すどう農園」です。「自給のための自然農を学ぶ・さとやま農学校」2023年のショートコース3回目を終えました。今日は絶好の畑日和。思う...
講座・イベント

田舎暮らしで夢を実現する~雑穀の里山から

東京から山梨・上野原に移住して古民家の宿を営む長田容子さんをお迎えして話を伺いました。
講座・イベント

情報公開請求をやってみよう

情報公開請求の仕方を学ぶ講座です。溢れる情報に惑わされない能力も身につけましょう。企業スポンサーに頼らないジャーナリスト集団Tansaの代表・渡辺周さんを国分寺カフェスローにお招きします。
さとやま農学校

石焼きトウモロコシは、秋の味覚

こんにちは。神奈川・相模原の里山で自然農を営む「すどう農園」です。畑の随所に煙の立つ季節になりました。市街地の農地と違って遠慮なく火が焚ける環境をありがたく思います。何度も繰り返して書きますが、農作業の中で出る枯れ葉や小枝などを燃やすことは...
さとやま農学校

農園の拡張と収穫三昧

こんにちは。神奈川・相模原の里山で自然農を営む「すどう農園」です。「さとやま農学校」も収穫三昧の季節です。収穫をしながら次の野菜作りのために農地を整えます。といってもトラクターをかけて整地するということではありません。基本的に自然農では畑を...
自然農&里山暮らし

自然栽培の渋柿で干し柿づくり

こんにちは。神奈川・相模原の里山で自然農を営む「すどう農園」です。今年(2023年)は柿の当たり年。既に甘柿もだいぶ収穫できて、それでもまだある。加えて渋柿の収穫も始まりました。数年前に台風でぽっきり折れたところから復活してきた枝が、素晴ら...
日々のエトセトラ・本や映画の話

迷惑をかけあえる世間

「あの子たちは心配ない。世間に迷惑をかけても生きていけるから」                      ~マイ・ディア・ミスター・私のおじさん 四十を過ぎてまともに仕事もできないどころか家庭も崩壊した「元高学歴のクズ息子二人」を母親が罵倒...
さとやま農学校

自然農ニンジンの種取り

自然農で育てたニンジンの種取りの仕方。今年の猛暑と日照りでも頑張って育てくれた個体を選びます。
自然農&里山暮らし

イノシシに見る自然の整えるチカラ

近くの畑をイノシシが掘っています。ここに限らず里山のあちらこちらがイノシシの掘り返しだらけですが、最近は都市部にもイノシシが徘徊するようになったらしいですね。私の住んでいた千葉の都市部でもイノシシが出て人を噛むケガがあったそうですが、大型の...