里山暮らし

さとやま農学校

味噌づくり2024

神奈川の農業体験「さとやま農学校」の皆さんの自主企画で恒例の味噌づくりです。かまどの薪火で大豆を茹でる。あとは各自の好きな麹や塩を足して作るのが恒例のやり方です。
日々のエトセトラ・本や映画の話

トランジションタウン・交換と贈与

「あなたが街を耕すときⅢ」@国分寺カフェスロー連続講座 2月19日スタート こんにちは。神奈川・相模原の里山で自然農を営む「すどう農園」です。報告が遅くなりましたが、先日2月19日は国分寺カフェスローにてシリーズ「あなたが街を耕すとき」の3...
日々のエトセトラ・本や映画の話

喪失の世代

こんにちは。神奈川・相模原の里山(相模湖)で自然農を営む「すどう農園」です。 昨日の立春は不意打ちのような雨交りでしたが、今日は昼から本格的に雪ごもり。車のタイヤはスタッドレスに取り換えてあるけれど、基本的に外出は控えます。確定申告の傍ら、...
自然農&里山暮らし

エルダー、桃、サクランボの剪定ほか

自然栽培で育てている桃やサクランボやエルダーフラワーの剪定の仕上げに入りました。
さとやま農学校

鳥の巣を編む@さとやま農学校プレ講座

神奈川の農業体験「さとやま農学校」で、コンポストをつくるよりもシンプルな「鳥の巣」を作りました。自然農法では堆肥を作るのでなく、不耕起栽培を基本にして土づくりをします。
自然農&里山暮らし

親子で自然栽培の果樹の剪定

親子で農業体験をするのなら、できるだけ10歳になる前がいいです。理屈抜きで五感で自然を感じ取れます。そして地面が近いので畑の色々なものが見えます。力がないぶん、身体を全部使って作業をすることも自然とできるのです。
さとやま農学校

森と里山が循環する暮らし方を考える

こんにちは。神奈川・相模原の里山(相模湖)で自然農法を営む「すどう農園」です。 今日は、すぐご近所の「もりも」さんを訪ねました。相模原市内で伐採された樹を加工して地域で使う地域循環型の地元密着型の会社です。相模原市内の小学校の机の天板なども...
自然農&里山暮らし

愛知早生フキノトウ2024

大型のフキノトウ「愛知早生」を神奈川の里山で自然栽培しています。摘み取りながら移植しました。
自然農&里山暮らし

里山暮らしで、小さな神様に新春のご挨拶

里山のあちこちの神様にご挨拶をします。草や木に宿る神様のおかげで自然栽培をしています。
自然農&里山暮らし

食うか・食わせるか~小さく仲間を作る

自然農の野菜を自給しながら「こども食堂」へ届けています。食うか「食わせるか」の小さな共生関係。自給のための小さな共生関係が無数に分散して広がることが大事になるでしょう。1人や2人ではできない事も、あるいは大きな組織では分裂してしまうような外的環境にあっても適度な小ささで生き残れるのです。